その他

ロクシタンはオーガニックコスメじゃないの?徹底調査

近年は、オーガニックという言葉でコスメを選ぶ方が多くいらっしゃいます。

無添加や自然由来の成分を使用したコスメを購入して、肌荒れなどのリスクを軽減したいと考える方が増加しているのです。

ロクシタンは、オーガニックコスメとして人気のあるブランドです。

しかし、成分表を見ると様々な成分が使用されているため、ロクシタンは本当にオーガニックなのかという疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ロクシタンがオーガニックコスメかどうかについて徹底調査いたしました。

ロクシタンの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

そもそもオーガニックとは?

オーガニックの意味は「有機」です。

農薬や化学肥料に依存せず、自然の恵みを活用した農林水産業や加工方法をオーガニックと定義しています。

多くの方は、化学肥料や農薬を使用していない安全な食生活やコスメをイメージされますが、それはオーガニックの結果であり目的ではありません。

オーガニックとは、自然の食物連鎖などを守りながら、ありのままで暮らすということを指します。

また、似たような言葉でナチュラルという言葉がありますが、ナチュラルは天然物・自然物という意味です。

人為的管理をしているものがオーガニックで、何の管理もしていないものがナチュラルなので、世に存在するナチュラル商品のほとんどは人の手を加えたオーガニック製品と言えるでしょう。

オーガニックの目的は、自然と人間の調和です。

そのため、物質の循環を考えながら化学物質や人工肥料を減らし、人の手により管理することが真のオーガニックと言えるでしょう。

ロクシタンはエコサート・コスメティックビオのオーガニック認証を受けている

ロクシタンコスメの中には、エコサート・コスメティックビオのオーガニック認証マークがついた商品があります。

エコサートとは、フランスに本拠をおいているオーガニック製品の認証機関です。

エコサートには基準があり、ロクシタンは以下の項目の基準を満たしています。

・製品における95%以上の原料が天然由来であること(水を含む)
・植物原料の95%以上がオーガニック栽培によるものである
また、コスメビオ基準に準じて使用してはいけない材料を除いた原料で、コスメを製造しています。
・パラペン
・フェノキシエタノール
・メチルイソチアゾリノンなどの防腐剤
・ミネラルオイル
・アルミニウム塩
・紫外線吸収剤
・合成着色料

このように、エコサート認定かつコスメビオ基準で作られたものがエコサート・コスメティックビオのオーガニック認証を受けた商品になるのです。

ロクシタンのシリーズでは、メルヴィータがオーガニック認証ブランドとして知られています。

オーガニック製品にこだわりがある方は、このマークがついた商品をチェックしてみましょう。

成分を見るとオーガニックとは言えない

ロクシタンのコスメは、効能に基づいて厳選された200種類以上の植物原料の4分の1がオーガニック認証を受けた原料です。

しかし、ロクシタンの成分の中には界面活性剤や防腐剤が含まれている商品もあるので、肌荒れする可能性もあります。

このような理由から、オーガニックの意味を無添加と捉えている方には、ロクシタンの商品は化学物質が含まれているのでオーガニックと思えないこともあるでしょう。

もし、成分を見てオーガニックと言えないと感じた場合は「オーガニック成分を使用しているコスメ」に位置づけると理解しやすくなります。

まとめ

まとめ

  • オーガニックの真の意味は、化学物質や人工肥料を減らし、人の手により管理すること
  • ロクシタンにはオーガニック認証マークがついた商品が存在している
  • オーガニック=無添加ではない

少し難しい話になってしまいましたが、オーガニックの意味をしっかり理解した上でロクシタン製品を使っていただければと思います。

>>会員登録不要!ロクシタン公式通販サイトを見てみる

-その他

Copyright© ロクシタンギフトを徹底調査!おすすめギフトもご紹介 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.